定例会」カテゴリーアーカイブ

定例会0055

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第11回(通算第55回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2019年02月16日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「わかちあいについて」の読み合わせ→④蓮田市障がい者関連施策に関する要望書に対する回答(抜粋)→⑤わかちあい
※随時、休憩をとりました。

①自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告) ☆参加者5名

②今後の予定、報告・連絡・相談
☆2019年03月16日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2019年04月20日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。

③「わかちあいについて」の読み合わせ(P.2)
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。

④蓮田市障がい者関連施策に関する要望書に対する回答(抜粋)(PP.3-6)
☆2018年12月1日に蓮障連が開催した「蓮田市との懇談会(そよ風代表は腰痛の為、欠席した。)」の際に、蓮障連が蓮田市に提出した要望書への回答を読み、わかちあいの参考にしました。要望書には、そよ風の意見もくみ取られていました。

⑤わかちあい
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。
わかちあいのテーマを1つ挙げさせて頂きました。
≪目標≫精神障害者やその家族・親族が偏見や差別を受けることなく、精神障害者が自立(自律)できる地域社会を築く為に、情報を確実に得られるよう、互いに支え合い、助け合う場を確保する。
◎目標の実現に向けて、来年度以降、年度を1/4に分けて、PDCAサイクルに則った活動を行う。
1Q 第1四半期(4・5・6月 計画期)
具体例:我々の求める精神保健福祉はどこにあり、どう利用できるのか。
2Q 第2四半期(7・8・9月 実行期)
具体例:市に要望していく。
3Q 第3四半期(10・11・12月 評価期)
具体例:要望に対する市の回答を評価する。
4Q 第4四半期(1・2・3月 改善期) ← 今はこの時期です。
具体例:活動をどう改めるか検討する。
※蓮障連が蓮田市に提出した要望書への回答を読むと、今後、蓮障連の各団体、特に、家族会「かもめ会」やNPO法人かもめと連携して、目標を達成することが大切になってくると思われます。
※そよ風の会員から社会に貢献したいという声が出てきている(例えば、アウトリーチへの参加を望んでいる)ことから、来年度は急かず・焦らず・怠らずで、着実に活動したい。

定例会0054

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第10回(通算第54回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2019年01月19日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③成年後見制度・成年後見登記→④「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→⑤わかちあい
※随時、休憩をとりました。

①自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告) ☆参加者5名

②今後の予定、報告・連絡・相談
☆2019年02月16日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2019年03月16日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。

************************** コラム ~インセンティブとは~ ***************************
インセンティブ(incentive)とは、意欲向上や目標達成のための刺激策。個人が行動を起こすときの内的欲求(動因:ドライブ)に対して、その欲求を刺激し、引きだす誘因を指している。企業では、自社の従業員を動機づけるためだけでなく、販売店の販売意欲や消費者の購買意欲を駆り立てる目的でも用いられる。
***************************************************************************************

③成年後見制度・成年後見登記について

④「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。

⑤わかちあい
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。
わかちあいのテーマを1つだけ挙げさせて頂きました。
≪目標≫精神障害者やその家族・親族が偏見や差別を受けることなく、精神障害者が自立(自律)できる地域社会を築く為に、情報を確実に得られるよう、互いに支え合い、助け合う場を確保する。
◎目標の実現に向けて、来年度以降、年度を1/4に分けて、PDCAサイクルに則った活動を行う。
1Q 第1四半期(4・5・6月 計画期)
具体例:我々の求める精神保健福祉はどこにあり、どう利用できるのか。
2Q 第2四半期(7・8・9月 実行期)
具体例:市に要望していく。
3Q 第3四半期(10・11・12月 評価期)
具体例:要望に対する市の回答を評価する。
4Q 第4四半期(1・2・3月 改善期) ← 今はこの時期です。
具体例:活動をどう改めるか検討する。

定例会0053

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第09回(通算第53回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2018年12月15日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③重度心身障害者医療費助成制度→④「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→⑤わかちあい
※随時、休憩をとりました。
①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者 5 名
②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2019年01月19日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2019年02月16日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム。「依存症」とは?
③重度心身障害者医療費助成制度について
④「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。
⑤【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。

****************************** コラム ~依存症とは~ *******************************
●依存症(dependence, addiction)とは、特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること。依存症の診断には専門的な知識が必要ですが、特に大切なのは本人や家族が苦痛を感じていないか、生活に困りごとが生じてないか、という点です。本人や家族の健全な社会生活に支障が出ないように、どうすべきかを考えなくてはなりません。●依存症とはやめたくてもやめられない状態に陥ることですが、その種類は大きく分けて2種類あります。「物質への依存」と「 プロセスへの依存」です。「物質への依存」について:アルコールや薬物といった精神に依存する物質を原因とする依存症状のことを指します。依存性のある物質の摂取を繰り返すことによって、以前と同じ量や回数では満足できなくなり、次第に使う量や回数が増えていき、使い続けなければ気が済まなくなり、自分でもコントロールできなくなってしまいます(一部の物質依存では使う量が増えないこともあります)。「プロセスへの依存」について:物質ではなく特定の行為や過程に必要以上に熱中し、のめりこんでしまう症状のことを指します。どちらにも共通していることは、繰り返す、より強い刺激を求める、やめようとしてもやめられない、いつも頭から離れないなどの特徴がだんだんと出てくることです。●アルコール、薬物、ギャンブル等、依存しているものは人それぞれですが、依存症に共通することは、家族とのケンカが増える、生活リズムがくずれる、体調をくずす、お金を使いすぎるなど何かしらの問題が起きているのにも関わらず、ほどほどにできない、やめられない状態に陥っているということです。このような状態にある場合、依存症と同じように対応を考える必要があるといえます。●依存症のことを考えるときに大事なのは、そのことによって本人や家族が苦痛を感じているのかどうか、生活に困りごとが生じているのかどうかということです。本人や家族が苦しんでいるのであれば、それは改善が必要な状態ですので、依存症に関する正しい知識を身に付け、適切な対応をとっていくことが必要といえます。
***************************************************************************************

定例会0052

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第08回(通算第52回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2018年11月17日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「わかちあいについて」の読み合わせ→④わかちあい
※随時、休憩をとりました。

① 【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者 5 名
プクさん、カオスさん、コウさん、ケンケンさん、アイアイさんが集まりました。

②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年12月15日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2019年01月19日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム。「ピア」とは?

③「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。

④【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「アイアイ」さんでした。

*************************** コラム ~ピアとは~ ****************************
ピア(peer)とは、「同じ症状や悩みをもち、同じような立場にある仲間」のこと。精神保健福祉の関係では、以下の言葉のような用いられ方をしています。
ピアカウンセリング:当事者が行う、当事者のためのカウンセリング。
ピアサポーター:ピア同士の支えあいの活動を行う人。
ピアサポート:ピア同士の支えあいの活動。
ピアスタッフ:ピアでありながら、精神保健福祉事業所に雇用され、スタッフとなっている人。
***************************************************************************************

定例会0051

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第07回(通算第51回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2018年10月20日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→④わかちあい
※随時、休憩をとりました。

①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者6名
アイアイさん、プクさん、デッパさん、ケンケンさん、モアイさん、メリーさんが集まりました。

②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年11月17日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年12月15日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆「駅頭キャンペーン」について
日時:2018年12月3日(月) 16:30~18:00
集合場所:中央公民館 3階集会室
内容:JR蓮田駅東口及び西口において、啓発標語
「一人より みんなでつながる 大きな力」
を張り付けたボールペンの配布(1000個)を行う。
☆コラム。「アウトリーチ」とは?
☆そよ風の存在意義について

③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しましょう。

④【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいましょう。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんです。

*************************** コラム ~アウトリーチとは~ ****************************
アウトリーチ(outreach)とは、「積極的に対象者の居る場所に出向いて働きかけること」(「自立相談支援事業従事者養成研修テキスト」)
「生活上の課題を抱えながらも自ら援助にアクセスできない個人や家族に対し, 家庭や学校等への訪問支援, 当事者が出向きやすい場所での相談会の開催, 地域におけるニーズ発見の場や関係づくりなどにより, 支援につながるよう積極的に働きかける取組のこと」 (HIT『生活困窮者支援体系に資する調査・研究事業報告書:生活困窮者自立促進(社会参加)プロセス構築モデル事業統括委員会 報告』)
***************************************************************************************

定例会0050

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第06回(通算第50回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2018年09月15日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→④わかちあい
※随時、休憩をとりました。

①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者6名
モアイさん、アイアイさん、プクさん、コウさん、ケンケンさん、デッパさんが集まりました。

②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年10月20日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年11月17日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム。インフォームド・コンセントとは?
☆埼玉県立小児医療センター附属岩槻診療所の周りに、蓮田市街化区域があることを知っておきました。そして、私たちの望む居場所について、今一度、考えてみました。

③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しましょう。

④【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。

********************* コラム ~インフォームド・コンセントとは~ *********************
インフォームド・コンセント(informed consent)とは、「十分な情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。 特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け十分理解した上で(informed)、対象者が自らの自由意志に基づいて医療従事者と方針において合意する(consent)ことである(単なる「同意」だけでなく、説明を受けた上で治療を拒否することもインフォームド・コンセントに含まれる)。説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。
ウィキペディア参照。
***************************************************************************************

定例会0049

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第05回(通算第49回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2018年08月18日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→④わかちあい
※随時、休憩をとりました。

① 【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者6名
モアイさん、コウさん、デッパさん、プクさん、アイアイさん、ケンケンさんが集まりました。

②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年09月15日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年10月20日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム。入院ってどんな形態があるの?
☆障害年金について、知っておきましょう。

③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。

④【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。

***************************** コラム ~入院形態とは~ *****************************
●任意入院:本人の同意に基づく入院、ただし、精神保健指定医が認めた場合には、72時間に限り退院制限を行うことができる。緊急時、特定医師が診察し、12時間以内の退院制限。
●医療保護入院:自傷他傷のおそれはないが、本人の同意が得られない場合に、精神保健指定医の診察の結果、医療及び保護のために入院の必要があり、家族等の同意により行われる入院。緊急時、特定医師が診察し、家族等の同意で入院(12時間以内)。
●応急入院:本人及び家族等の同意が得られないが、精神保健指定医の診察の結果、直ちに入院させなければ患者の医療及び保護を図る上で著しい支障がある場合に、72時間に限って入院させることができるもの。緊急時、特定医師が診察し、入院(12時間以内)。
●措置入院:2名以上の精神保健指定医の診察の結果、入院させなければ自傷他害のおそれのある患者に対して、都道府県知事又は指定都市市長の権限で行われる入院。
●緊急措置入院:自傷他害のおそれがあり、かつ急を要するため措置入院の手続きが取れない場合に、精神保健指定医1名の診察の結果、都道府県知事又は指定都市市長の権限で72時間に限って入院させることができるもの。
***************************************************************************************

定例会0048

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第04回(通算第48回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2018年07月21日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→④わかちあい
※随時、休憩をとりました。

①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者 7 名
アイアイさん、モアイさん、カオスさん、デッパさん、プクさん、ケンケンさん、コウさんが集まりました。

②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年07月28日(土)、「蓮田市障がい者団体連絡協議会」に再び参加予定。
☆2018年08月18日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年09月15日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年10月20日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム。いまさらながら「ノーマライゼーション」って何?
☆アンケート集計結果を報告しました。

③「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。

④【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。

**************** コラム ~ノーマライゼーション(normalization)とは~ ****************
ノーマライゼーション(normalization)とは、1960年代に北欧諸国から始まった社会福祉をめぐる社会理念の一つで、障害者も、健常者と同様の生活が出来る様に支援するべき、という考え方である。また、そこから発展して、障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方としても使われることがある。またそれに向けた運動や施策なども含まれる。
***************************************************************************************

定例会0047

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第03回(通算第47回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』
【開催日時】2018年06月16日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③蓮田市近隣の医療機関・デイケア→④「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→⑤わかちあい
※随時、休憩をとりました。
①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者9名
☆アイアイさん、モアイさん、カオスさん、プクさん、メリーさん、ケンケンさん、コウさん、ダイさん、デッパさんが集まりました。
②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年07月21日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年08月18日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム「あなたには自分の精神保健福祉士(PSW)がいますか?」
→「皆さんが利用する社会資源には、ほとんど精神保健福祉士が携わっています。やっぱり、同じ人間なわけですので、どうしても相性の良し悪しがあるでしょう。自分に合った、精神保健福祉士を見つけて、人生を共に走る(伴走者)になってもらえると良いですね。」
③蓮田市近隣の医療機関・デイケア
④【「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。
⑤【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。
********** コラム1 ~精神保健福祉士(PSW:Psychiatric Social Worker)とは~ **********
精神保健福祉士(PSW:Psychiatric Social Worker)とは、精神科ソーシャルワーカーという名称で、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。21世紀は心の時代と言われています。多様な価値観が錯綜する時代にあって、心のあり様は私たちがもっとも関心を寄せる問題の一つとなっています。特に、日本では、たまたま心の病を負ったことで、さまざまな障害を抱えた人々(精神障害者)に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは、先進諸国の中で制度的に著しく立ち遅れた状況が長年続いていました。近年になり、関係法の改正などにより、ようやく精神障害者も私たちと同じ一市民として地域社会で暮らすための基盤整備が図られることとなりました。精神保健福祉士は、1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。社会福祉学を学問的基盤として、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしいライフスタイルの獲得を目標としています。さらに、高ストレス社会といわれる現代にあって、広く国民の精神保健保持に資するために、医療、保健、そして福祉にまたがる領域で活躍する精神保健福祉士の役割はますます重要になってきています。
******************* コラム2 ~社会資源(social resources)とは~ *******************
社会資源とは、個人や集団が福祉ニーズを充足するための施設、設備、資金、法律、人材、技能などの総称のことをいいます。具体的には、行政機関、各種施設、団体、法人、企業、ソーシャルワーカー、ケアワーカー、保健師、看護師、家族、友人、ボランティアなどがあります。社会福祉の援助においては、利用者のニーズを充足するために社会資源を適切に適用させていくことが求められます。
***************************************************************************************

定例会0046

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第02回(通算第46回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』
【開催日時】2018年05月19日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市中央公民館、和室A,B
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「DSM-5」って何?→④「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→⑤わかちあい
※随時、休憩をとりました。
①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者8名
アイアイさん、モアイさん、カオスさん、プクさん、メリーさん、ケンケンさん、コウさん、ダイさんが集まりました。
②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年06月16日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年07月21日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年08月18日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム ☆統合失調症の時間経過に伴う症状の変化 ☆ADHD(注意欠如/多動性障害)とは
③「DSM‒5_病名・用語翻訳ガイドライン」って何?自分の障害ってどのようなもの?
☆様々な障害がある中で、自分はどのような障害を持っているのでしょうか?
④【「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。
⑤【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。
********************* コラム ~オープン・ダイアローグとは?~ **********************
オープン・ダイアローグ(open dialogue)とは、統合失調症に対する治療的介入の手法で,フィンランドの西ラップランド地方に位置するケロプダス病院のファミリー・セラピスト(心理療法士)を中心に,1980年代から実践されているものである。「開かれた対話」と訳される。
毎日、一定の時間、会話するというだけのシンプルなもので、向精神薬を殆ど使わなくてもよい、という。患者を批判しないで、とにかく会話する、などのルールがある。統合失調症患者は(創造的である反面、極言すれば病的でもある)モノローグ(独り言)に陥りやすく、そこから開放することを目標とする。《ウィキペディア参照》
***************************************************************************************
『統合失調症の時間経過に伴う症状の変化』(あくまでも一例です。個人で異なります。)